マッシュルはハリーポッターのパクリ?海外の反応は意外だった!

当ページのリンクには広告が含まれています。
マッシュルはハリーポッターのパクリ?海外の反応は意外だった!
Pocket

「マッシュル」は、魔法が支配する世界でただ一人、魔法が使えない主人公・マッシュが繰り広げる笑いと感動の冒険ストーリーです。

逆転の立場から始まる物語が、読者を引き込む魅力を秘めています。

まち子

マッシュル面白いよね!

まち男

でもなんだかハリーポッターに似てるよね!

異なるジャンルであるにも関わらず、『マッシュル』とハリーポッターは全く違うジャンルですが、驚くべき共通点があるんですね。

そのため、マッシュルはハリーポッターのパクリではないかと言われています。

それは果たして単なる偶然なのか、それとも何か深い繋がりがあるのでしょうか?

この記事では、『マッシュル』とハリーポッターのキャラクター、ストーリー、に注目して、「マッシュルはハリーポッターの真似をしているのか?」という疑問に迫っていきます。

また、海外の反応もまとめました!

この記事を読むと
  • 実際パクっているのか
  • マッシュルはハリーポッターのパクリと言われる理由
  • 海外の反応

がわかる

※ネタバレ注意※
マッシュのネタバレを含みます。

目次

マッシュルがハリーポッターのパクリ?

マッシュルがハリーポッターのパクリなのかについてですが、世間ではいろいろな声が上がっています。

ここで私が独自に調査した結論がこちら。

結論

パクリではない!
しかし、ハリポタ好きなのかと思うほど影響を受けている。

パクリではないが影響を受けている

マッシュルとハリーポッターが似ている点は後ほどご紹介しますが、けっこうあるんですよね。

そのため、「パクリすぎでは?」という声が多いようです。

そもそも2つの作品はジャンルが違い、ストーリーや目的が違うので完全なパクリではありません

しかし、ある程度影響を受けているとは考えられますね。

作者の甲本 一(こうもと はじめ)さんは、ハリーポッターが好きだとか、影響を受けたという話はでていません。

ハリーポッターが好きかどうかは不明ですが、リスペクトされているのかもしれませんね!

著作権は問題なさそう

似ている点が多いため、著作権的にどうなの? と思う方もいるかもしれません。

  • ジャンプで連載していた
  • アニメ化した
  • 漫画は18巻続いた

これらの理由から著作権は問題ないと考えていいでしょう。

問題あると判断されれば連載にならない気がしますよね。

漫画は全18巻になり、2023年4月にアニメ放送がスタートしました。

これだけ続いて、アニメ化されたとなると人気があったと考えられます。

実際面白いですし♪

そのため、著作権は問題になっていないようです。

マッシュルとハリーポッターの似てる点は?

マッシュルとハリーポッターの似てる点を10個まとめました。

  1. 舞台が魔法
  2. サブタイトル
  3. 制服
  4. ドゥエロとクディッチ
  5. 魔法学校の名前
  6. 校長の見た目
  7. 寮の組み分け
  8. 悪役
  9. マンドラゴラ
  10. 顔の傷

ストーリーの最初の方に似てる点が多かったです。

私は似てるなと思いながら、ギャグ要素が多かったのでパロディみたいで楽しく見れました。

魔法が使える世界観

マッシュルとハリーポッターはどちらもストーリーで魔法が使えます

設定で違うのはマッシュは魔法が使えない、ハリーは使えるという点。

魔法が使える世界で自分の力だけで戦っていくマッシュが面白いですよね。

マッシュ世界では初めに紹介される魔法は、簡単なこと使われていることが多いです。

例にあげると、料理を作ったり靴磨きをしたり。

便利ですが、手でできることばかりとマッシュは言います。

後々、ジャンプ漫画らしく戦いシーンになってくるとかっこいいんです。

一方ハリーは徐々に魔法が使えるようになってきます。

ハリーポッターシリーズ第一作目(ハリーポッターと賢者の石)で、ハリーが入学準備をしているシーンがたまらなく好きです。

育ての親がいる

両作品とも本当の親ではなく、育ての親がいます。

育ての親
  • マッシュ…おじいさん
  • ハリー…ダーズリー夫婦(叔父叔母)

おじいさんが身を投げようとしていた場所に偶然いたのが赤ちゃんマッシュ。

捨てられた・いらない存在という状況が自分と同じだと感じ、育てることに決めます。

おじいさんが大切に育てた結果、マッシュは超マッチョになり真面目で優しい性格に育ちました。

ハリーはというと、赤ちゃんのころ両親を亡くし、叔父叔母にあたるダーズリー夫婦に引き取られます。

そこではひどい扱いを受け、階段下の倉庫が自分の部屋でした。

性格がひん曲がらず、優しく育ったのは奇跡に近いですよね。

サブタイトル

マッシュルには漫画の巻ごとにサブタイトルがつきます。

例えばこんな感じです。

  • マッシュ・バーンデッドと鍛え抜かれた筋肉
  • マッシュ・バーンデッドと鉄の魔法
  • マッシュ・バーンデッドと仮面の魔法使い

  • ハリーポッターと賢者の石
  • ハリーポッターと秘密の部屋
  • ハリーポッターとアズカバンの囚人

比べてみるとハリーポッターのタイトルと雰囲気が似ていますよね。

実はマッシュルのサブタイトルはハリーポッターシリーズのオマージュとなっています。

サブタイトルは「●●と○○」(例:「マッシュ・バーンデッドと○○」)にするなど『ハリー・ポッターシリーズ』のオマージュが取り込まれている。

引用:Wikipedia

これは、もしかしてリスペクトされている可能性がでてきましたね!

制服

両作品の制服はとてもよく似ています。

マッシュルの制服がこちら。

ハリーポッターの制服はこちら。

どちらも「黒いローブ」に「赤いネクタイ」、「白いワイシャツ」ですよね。

ネクタイの柄で多少違いがでていますが、似ています。

ちなみに、マッシュルは寮ごとに制服の色が変わってきます。

この点もハリーポッターシリーズとよく似ていまね。

ドゥエロとクディッチ

マッシュルでは「ドゥエロ」という名のほうきを使ったスポーツが存在します。

ドゥエロのルール
  • ボールをリングに通すと1点入る。
  • 点が多い方が勝ち
  • 飛ぶ以外の魔法は使えない

ハリーポッターシリーズにも「クィディッチ」というほうきを使ったスポーツが登場します。

ルールはほとんど同じで、ハリーポッターの方には「スニッチ」という空飛ぶ球体をとれば、勝ち確定というルールがあるくらい。

また、ドゥエロの対戦は寮ごとに行われ、決まった時期に試合が開かれます。

ストーリーでは、一年生のマッシュはとある騒動の後、年間MVPの男にチームに入るよう誘われるんですね。

まち子

ハリーも同じような設定でチームに加わっていたような?

スポーツと入った経緯がとてもよく似ているんですね!

魔法学校

マッシュルの魔法学校は「イーストン魔法学校」、ハリーポッターシリーズは「ホグワーツ魔法学校」です。

名前だけ見ると似てないと思われかもしれませんが、学校の外観がよく似ています!

ホグワーツ魔法学校はジオラマですが、雰囲気がそっくりです。

実際にハリーポッターシリーズをみると全体がよくわかります。

両作品とも学校のまわりは湖で囲まれていて、造りも似ているように感じました。

校長の見た目

マッシュの通うイーストン魔法学校には「ウォールバーグ校長」がいます。

この方、ホグワーツ魔法学校の「アルバス・ダンブルドア校長」にビジュアルがそっくりなんです。

こちらも比べた方が早いですね!

「長い髭」「長い髪」「メガネ」「服装」どれをとっても似ています。

リスペクトしていないっていわれれば疑ってしまうレベルですね。

どちらの校長も優しくて頼りになる存在です。

寮の組み分け

イーストン魔法学校では寮生活になるため、寮の組み分けが行われました。

その際、骨ユニコーンの「つの」を触ると、魔力から考えを読み取り自分に合った寮を選んでもらえます。

頭の仲がシュークリームだらけだったマッシュはこじつけで「アドラ寮」になりました。

ハリーポッターシリーズでもこのシステム見たことがあります。

「組み分け帽子」がその役割を果たしていました。

組み分けの仕方だけでなく、骨ユニコーンの話し方や、寮が決まった時の他の生徒の反応も似ていました。

まち子

ギャグ要素があるからマッシュルの組み分けは面白かったよ

ロイドとマルフォイ

マッシュルに「ロイド」という悪役生徒が登場します。

表情はニコニコしていますが、やることは非道で気に食わない人物をいじめたりするんですね。

見た目は金髪で前髪センター分け、 緑のマフラー を首からぶら下げています。

この人物、ハリーポッターシリーズに登場するマルフォイにどことなく似ているような。

マルフォイは「スリザリン」に所属していて、カラーは緑でした。

緑と金髪と魔法の組み合わせってマルフォイ以外でみないかも?

また、ロイドの親は魔法局のお偉いさん。

マルフォイの父親もかなりの権力者だったので、設定が似ていますね!

マンドラゴラ

マッシュルとハリーポッターには共通する植物「マンドラゴラ」が登場します。

マッシュルに登場するマンドラゴラは見た目は大根に顔がある状態。

引き抜けば耳をふさぎたくなるような大声で鳴くのが特徴です。

魔法薬の素材になると言われていますね。

ハリーポッターに登場するハリーポッターは泣き声を聞くと死ぬと言われています。

そのため、生徒が引き抜く際にはヘッドフォンをしていました。

まち男

ちなみに、マンドラゴラは実在する植物だよ!

顔の線と顔の傷

マッシュルに登場する人物は、魔力が使えるキャラクターには顔に生まれつき線が入っています。

マッシュは魔力がないため、顔に線が入っていません。

魔法学校に入る際には、嘘の線を顔に引いています。

その顔の線がハリーの額にある傷と似ています

他のキャラは直線だったり、カクカクしていたり様々ですが、マッシュは雷のような線ですよね。

これはあえてなのでしょうか、気になるところです。

マッシュルをみた海外の反応が意外すぎた!

マッシュルはハリーポッターの要素が入っているので、海外の反応が気になりますよね!

これはパクリじゃないか!!

もしかしたらこんなふうに激怒しているのかもと思ったら、意外にそうでもなかったんです。

いい反応が多い

マッシュルをみた海外の反応です。

Xで調べて、翻訳しています。

マッシュルはハリー・ポッターとワンパンチがアニメでひとつになったもの😂😂😂。

マッシュルはまるでハリー・ポッターが平手打ちしたような感じ。
ヴォルデモートなら5秒で終わっただろう😂

マッシュルは基本的にアニメのハリー・ポッターだ。
唯一の違いは、限りなく面白いことと、主人公に力がないことだ、 肉体的に強いだけ

やはりハリーポッターを感じた人は多かったようです。

その他にもブラッククローバーやワンパンチマンなどの作品も感じたという声が多かったですね。

マッシュルは文字通りハリーポッターのアニメ版で、僕は大好きだよ。

3日でマッシュルに追いついた、そして:
毎週見るのが楽しみになるくらい楽しいアニメだ。

すごいキャラクターたちこんなに楽しいキャンピーなストーリー素晴らしいOP。
ストーリーのテンポの良さ。ハリー・ポッターの引用が大好き。脇役たちが大好き。

面白くないという反応よりも、面白いという反応の方が多い印象でした。

オープニングが話題に

マッシュルのアニメも人気ですが、海外ではOP(オープニング)に中毒性があると話題になっています。

2期のOPを担当しているのは「Creepy Nuts(クリーピーナッツ)」。

曲名は「Bling-Bang-Bang-Born」で、聴いたことない方はぜひ聴いてもらいたいです。

海外の反応をみたい方は、YouTubeで「マッシュル2期 OP 海外の反応」と調べてみてください。

海外の方のリアルな反応をみることができます♪

思わずループしてしまうくらい、良い反応で面白いです。

マッシュルはハリーポッターのパクリ?海外の反応は意外だった!:まとめ

以上、「マッシュルはハリーポッターのパクリなのか」「海外の反応」をご紹介しました!

まとめ

〈マッシュルはハリーポッターのパクリ?〉

  • パクリではいが影響を受けている
  • サブタイトルはオマージュされている

〈似ている点は?〉

  • 舞台が魔法
  • サブタイトル
  • 制服
  • ドゥエロとクディッチ
  • 魔法学校の名前
  • 校長の見た目
  • 寮の組み分け
  • 悪役
  • マンドラゴラ
  • 顔の傷

〈海外の反応〉

  • 良い反応が多い
  • オープニングにも注目!

ハリーポッターの要素は多かったですが、マッシュルはギャグ要素が多いため、面白くみれます。

オマージュが苦手な方は見るのを控えた方がいいかもしれません。

ハリーポッターに似てる点を探しつつ、マッシュルの面白さを体感してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次