とっておきの音楽祭 in Machida

「とっておきの音楽祭 in Machida」は、2016年秋に首都圏で初めて開催されたとっておきの音楽祭としてスタートしました。
その後、開催のタイミングを春に移して継続。2019年には新しい試みとして「とっておきのパレード」「とっておきのマルシェ」を実施。『音楽で心のバリアフリーを』を合言葉に常に進化しています。

新着情報

大切なお知らせ(とっておきの音楽祭 in Machida 2021中止について)

2021年8月29日に予定していた「とっておきの音楽祭 in Machida 2021」ですが、様々な状況を考慮して開催を中止させていただきます。 実行委員会としてもなんとか開催したいと検討を重ねてまいりましたが、7月1 …

「とっておきの音楽祭 in Machida 2021 YouTubeチャンネル」で、動画部門Part.1が公開されました

「とっておきの音楽祭 in Machida 2021 YouTubeチャンネル」で、動画部門Part.1が公開されました。 今回のパフォーマーは 萩原温(つつむ)さん ShowTenさん Haruka and Shoei …

開催趣旨・沿革

とっておきの音楽祭は、障がいのある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、音楽の力で「心のバリアフリー」を目指す音楽祭です。とっておきの音楽祭は、2001年仙台での第1回開催から、皆様の思い思いの演奏・歌声・ダンスなど様々な「チカラ」を表現。
それぞれの想いのこもったステージを全国各地で提供し継続しています。とっておきの音楽祭には社会を変えていく「チカラ」があると信じています。人と笑顔と音楽そして感動に満ちた、さらに魅力あふれるバリアフリー音楽祭の町田開催を参加者の皆様と共に創っていきます。

続きを読む

お問い合わせ